2020.05.12

アメリカ産の粗野な雰囲気を持つ綿糸、特に18番という端番手の糸で編んだニットを後染めし、抜染プリントを施しました。 通常、ニットには使用しないこの米綿を糸の状態で輸入し、ニット用にオリジナル加工しました。 この編地の持つ独特の表情と、編地に馴染んだプリントが絶妙にマッチした仕上がりです。

HYSTERIC GLAMOURマロニエゲート銀座1店

ryosuke 177cm

SHARE

アイテム検索